• トップページ
  • 代表者挨拶
  • 組織概要
  • 谷井先生ブログ
  • 研修事業
  • お問い合わせ

スタッフからのメッセージ

愛車が立ち往生しました。


愛車が雪で立ち往生しました

 

2019年2月4日午前7時、愛車の農耕ダンプが試運転中に、

平取町振内のグループホーム敷地内で雪の為(たった15cm

くらいで面目ないと思いつつ)、立ち往生しました。

 

JAFの会員ではありますが、愛車の重機で、自家レスキューを

行いました。 重機は谷井護氏に、残った除雪をグループホームの

職員の皆さんにお任せして、脱出後、なんとか富川に帰ってきました。

ダンプも重機も寒さのなかで無事稼働しての脱出劇でした。 

無題3.png

無題2.png

無題1.png

牧場では、何が起こっても自己責任の世界で育ちました。

慣れていない運転・操作です。が、必要なときには、1台や

2台の重機を壊しそうになりながら、四苦八苦しております。

北海道なりの自然の厳しさ(昨年は災害もありました)は有り

ますが、出来る限りのこと、為すべきことをしたいと思います。

そして、出来ない自分を認めつつ、創造者なる主にすべてを委ねて、

歩んでいきたいと思っています。

ちなみに、今年は、振内で、皆さんのご意見を伺いつつ、「公園」を

作りたいと考えています。

時々、チャレンジしたくなるんです。