• トップページ
  • 代表者挨拶
  • 組織概要
  • 谷井先生ブログ
  • 研修事業
  • お問い合わせ
  • 株式会社富川グロリアホーム
  • 認知症高齢者グループホーム こころのホームふれない

認知症高齢者グループホーム こころのホームふれない

施設紹介

認知症高齢者グループホームとは?
認知症高齢者の方が、家庭的な雰囲気の中少人数で、共同生活を送りながら日常生活の介護を受けられる施設です。
地域との交流を大切にし、買い物へ出かけたり、自然と触れあいながら生活することができます。


ご利用できる方

  • 認知症状がある方。
  • 要支援2または、要介護1~5の介護認定が必要です。
  • 入居前の本人住所所在地が平取町でなくてはなりません。

施設の概要

  • 建物構造:木造平屋(床面積 452.99㎡)
  • 居室:18室(各部屋6畳、全室個室)
  • 供用の居間・食堂・風呂(2ヶ所)・トイレ(9ヶ所)

利用料金(個室利用時の月額)

家賃 7,000 市町村税非課税の方
家賃 30,000 年間収入(年金を含む)80万以上の方
水道光熱費 10,000 冬季間暖房費を含む
食材費 20,000  
介護サービス料 25,000
~27,000
介護度によって変動
その他 日常生活において必要な経費で、利用者負担が適当なものについては、個人負担となります。

ギャラリー


居間

Rユニット

地域交流棟

Lユニット

アクセス

名称
こころのホームふれない
住所
〒055-0411
北海道沙流郡平取町振内31番地17
TEL
01457-3-3110

新着情報

2019・新たな試み!!


こんにちは!!!

ホームの中庭に福寿草が咲きました。(その写真は次回、ご紹介します)

いよいよ春の訪れですね。

最近、アカゲラも姿を見せてくれ、目を楽しませてくれています。

 

今日はホームの新たな試みとして、「水耕栽培」をご紹介します。

ホームの看護師の提案と指導により、始まったプロジェクト?です。

何が出来るのか、どれくらい成長したのか、定期的にご報告していきますので

お楽しみに~。

IMG_3783.jpg

IMG_3785.jpg

皆さん、元々農家や酪農家だったので、土を使わない野菜作りに興味津々の様子。

まだ 外の畑に出る時期ではありませんので、スポンジに植えた種を見て、

それが成長する姿を真剣に眺めていました。

中には、陽が当たるように細目に位置を変えていた方もおりました。

種をまく、そして、成長を見守るって良いですね・・・。

私達も笑いと、感動の種をまき続けられるように日々精進します。

 

 

ホームのお雛様!!


こんにちは!!

3月に入り雪どけも順調ですね。

ちょっと遅くなりましたが、ホームのお雛様の写真をご紹介します。

IMG_3764.jpg

IMG_3765.jpg

IMG_3767.jpg

IMG_3769.jpg

IMG_3773.jpg

IMG_3772.jpg

IMG_3776.jpg

IMG_3775.jpg

IMG_3779.jpg

今年もひな人形を飾り、季節の移ろいを楽しんで頂きました。

昨年末からの振り返り!!


anigif.gif

3秒ごとに写真が変わります。

 

昨年のクリスマスから、お正月・節分を経て、現在はお雛様を飾っています。

早いもので、2月も今日で終わりです。

寒い毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか?

こころのホームの皆様は元気いっぱいですよ。

今年の抱負・第2弾!


こんにちは!!

2月も中旬を迎え本格的な寒さ到来ですが、元気にお過ごしでしょうか?

1月にご紹介できなかった職員と、ご利用者様の今年の抱負です。

 

本間千恵子

利用者様が安心して楽しく生活して行けるように

サポートしていきたい。

 

谷井護

利用者様の出来る可能性に焦点を当てて

充実した日常生活を送って頂けるように

全力の支援を行う。

 

節分の日に、ご利用者様にも今年の抱負を伺った所、

歩行器無しで歩けるようになる。

只々甘いものが食べたい。

元気で家族に会える。

野菜を作りたい等が出ていました。


有言実行したいと思います。

 

ICFへの取り組み


こんにちは!!

こころのホームふれないで、介護計画を担当させて頂いております松澤です。

1月も中旬を過ぎ、寒さが一段と厳しくなってきました。

いかがお過ごしでしょうか?

突然ですが、ここで質問です。  

「あなたはどんな老後を送りたいですか?」

もしも、自宅を離れて、グループホームで生活する事になったら、

もしも、手足が不自由になってしまったら、

もしも、言いたいことが思うように言えなくなる病気になったら、

 

その時は諦めて、我慢して、誰かが決めた日常を送りますか?

それって嫌ですよね・・・1日2日の事じゃなく、この先何年も、何十年もって考えると

辛いです。

最後まで自分らしく暮らしたい。

 

その為の一助としてこころのホームでも、ICFシートを活用しています。

 

1枚のシートに、病歴・薬の内容・心と体の不具合な所は何処か、

自分に関連したことで出来る事、出来ないこと

他人や社会に対してできる事、出来ないこと

なぜ、出来ないのか、何をどうすれば出来るようになれるのか・・・

生活を良くするために何が使えて、何が邪魔しているのか、

生まれてから現在までの生活歴。

今後予想されるリスクは何か・・・最も大事にしている思いは何か・・・

そのような事をシートに書き込んで、足りない情報は、少しでもその方の思いに寄り添い、

本人になったつもりで考えてみる。

どんなに頑張っても、100%は無理でも、1%づつでも日々積み上げていったら

その人の「どんな老後を送りたいですか?」に近づいていけるのではないでしょうか?


まだまだ、勉強中でこれが良いと言う答えを出す事が出来ない状態ですが、

職員みんなで奮闘中~です。

インフルエンザも流行ってきているようですから、どうぞお気をつけて!!